​審査員
セルゲイ・サボチェンコ
​サボチェンコバレエアーツ主催
モスクワ・ボリショイ・バレエ・アカデミーに入学後、マラーホフやラトマンスキーを育てた名教師ピョートル・ストフに師事、後に同アカデミーを優秀な成績で卒業。オデッサ、モスクワ、オーストリア、ドイツ・ハノーバー州立劇場等にてプリンシパルとして活躍。フランス、イギリス、イタリア、ベルギー、ハンガリー、チェコ、オランダ、オーストリア、フィンランド、メキシコ、ボリビア、日本等に招待され、数々の国際的なガラコンサート等にも出演。
2002年より活躍の場を日本に移し、NBAバレエ団プリンシパルとして活躍。在団中はすべての公演に主演、ダンス・ノーブルという名にふさわしい安定したテクニックとサポート、舞台での美しい立ち振る舞いで多くのファンを魅了した。2008年、同バレエ団退団。
現在フリーとして活躍中。近年はダンサーとしてだけではなく、振付家や教師、またコンクールの審査員としても日本全国から招待され、そのユーモアあふれるアイディアや、後進を育てる情熱、正確な指導法が高く評価されている。
2010年NPO法人セルゲイ・サボチェンコ バレエアートグループ設立。理事長に就任する。
同団体が主催する横須賀国際バレエコンクールを開催。また、Savoschenko Ballet Artsを主宰。後進の指導に努める。
​2020年New Ballet Competitionプレコンクール発足。
佐々木 三夏
大和シティーバレエプロデューサー 
佐々木三夏バレエアカデミー主催
山路瑠美子に師事
同バレエ団にて多数主演
日本バレエ協会夏季定期公演にて最優秀賞 受賞
東京新聞全国舞踊コンクール第1位 文部大臣賞受賞
コレオグラファーコンクール 最優秀ダンサー賞受賞
東京新聞全国舞踊コンクール優秀指導者大賞 他多数
大和市文化芸術振興賞受賞

 
​ヴィスラフ・デュデック
​元ベルリン国立歌劇場プリンシパル
バレエ舞踊家・教師
ポーランドのオストロフ、ウィルコポルスキで生まれる。
1987年にロッジバレエスクールに入学、卒業時1996年にはベストポーランドスチューデント賞を受賞し、
ワルシャワ国立歌劇場に入団。1年後にロッジ歌劇場に移籍し、2年後には同劇場のプリンシパルに昇格、様々なレパートリーを踊る。
2000年、シュトゥットガルトバレエ団に移籍。
2003年にはベルリン国立歌劇場にソリストとして入団し
2005年にはプリンシパルに昇格する。オネーギン、ロメオ&ジュリエット、白鳥の湖、くるみ割り人形等クラシック作品の主役に加え、バランシン作品や、その他数々の振付家の作品を得意とした。
2003年には自身の作品「Gute Fahrt」をシュトゥットガルトにて発表し、振付家としての才能も発揮し始める。同年にシュトゥットガルトにてバレエ教師の資格を取得してからは、教師としての活動も幅広く行っている。シュトゥットガルトバレエ、ベルリン国立歌劇場、ハンガリアン・ダンス・アカデミー等でセミナーを行う。
2015年には、今までの功績を称えられ、ポーランド、ロッジ市から特別功労賞、文化芸術賞を贈られる。現在は妻の中村祥子と共に日本に活動の拠点を移し、K-Ballet Companyや東京シティバレエでのセミナー、YAGPで講師、その活動は多岐に渡る。
マイレン・トレウバエフ
元新国立劇場プリンシパル
TLEUBAEV Ballet School ディレクター
昭和音楽大学非常勤講師
日本バレエ協会東京地区会員
ロシア・サンクトペテルブルグ生まれ
1994年ワガノワバレエアカデミーを卒業
1994年~マリインスキー劇場ソリスト
1998年~レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)ソリスト
2002年~新国立劇場へソリストとして移籍
2008年~同劇場ファーストソリスト
2011年~2016年同劇場プリンシパル
外国人として初めてのプリンシパルとして、数々の全幕バレエの主役、重要なソリストを務め

2002年6月にはワガノワバレエアカデミー・バレエマスターコースを第1期生として卒業
バレエマスターのロシア国家資格を取得
現在、クラシック・デュエットの他、全幕バレエには欠かせないキャラクテールダンス(民族
舞踊)、バレエのためのアクチョール(演技法)の日本では数少ない教師としても活躍
ワガノワバレエアカデミーでは、恩師である演技法のアレクサンドル・スチョーピン氏の代講
を務めていた
その他国内外でバレエコンクール審査員や特別講師を務め、振付家としても活躍
バレエコンクール用の創作作品、全幕バレエの振り付け・指導も行っており
近年はロシアやカザフスタンの国立バレエ学校へ定期的に招聘されている
 
高比良洋
MES AMIS BALLET STUDIO 主宰
元香港バレエ団 ソリスト
日本バレエ協会会員
横山慶子に現代舞踊を師事。
余芳美にバレエを師事。
中国国立北京舞踊学校付属中学卒業。曹锦荣(曹錦栄)に師事。同校卒業と同時に中国国立バレエ団に入団、バレエ団の国内ツアー等に参加。その後香港バレエ団に入団、ソリストとして活躍。Jacob’s Pillow Dance Festival 2014”に参加し “Castrati”のメインを踊り好評を得る。
2014年6月同バレエ団を退団。同6月よりフリーランスダンサー兼講師として活動を始める。2015年 ウヴェ・ショルツ振付け 『春の祭典』 ソロ版を日本人として初めて上演し『The Dance Times』が選ぶダンサー月間ベスト10に選ばれる。
日本バレエ協会主催公演、合同バレエの夕べにおいて、関東支部作品『THE SWAN』にて主演。本部作品『卒業舞踏会』にてスコットランド人を演じる。日本バレエ協会主催公演、都民芸術フェスティバルにおいて 「ライモンダ」 アブデラフマン、「白鳥の湖」 ロットバルト を演
じる。Japan Ballet Competition、エスポワール、ダンスコンペティションin 仙台 にて審査員を務める。振付け作品は、Youth American Grand Prix日本予選、SingaporeIBC等の国際コンクールや国内のコンクールにおいて、上位入賞受賞。
国内のコンクールにおいて最優秀指導者賞、特別指導者賞受賞。
鈴木陽平
Cirque du Soleil登録アーティスト
デジタルハリウッド大学身体表現講師
原宿にあったアイリッシュパブ「GABIGABI」でダンスパフォーマンスをはじめる。
様々なジャンルのアーティスト、映像作家、振付家の作品に振付、出演。
国内・海外問わず数多くの舞台、イベントに出演し、現在では映像作品・CMへの出演や振付・演出・舞台制作など活動は多岐に渡る。
​New Ballet Competition 事務局
〒183-0015
東京都府中市清水ヶ丘2-15-2-103
Tel: 050-5480-0834 (10:00~17:00)